読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼットコードログ

コード的な何かを書いていきます。

Herokuよく使うコマンドメモ

Herokuでよく使うコマンドの覚書的メモ。よく忘れるからね。

アプリケーションを作成し、デプロイする

heroku create
git push heroku master

アプリケーションの実行状態を確認

heroku ps

アプリケーションのスケールアップ(お財布と要相談)

heroku ps:scale web=2

アプリケーションのログを確認

--tailオプションでリアルタイムに確認可能

heroku logs 
heroku logs --tail

アプリケーションに対してコマンドを実行する

ただし、実行するサーバーはコマンド実行専用に立ち上がる仕様を把握しておこう。ファイルなどを直接更新しても永続化されない。

#bashでログイン
heroku run bash
#railsコンソールを起動
heroku run console
#migrationを実行
heroku run rake db:migrate
#psqlコマンドを実行する
heroku pg:psql --app {appName} {dbName}

アプリケーションのメンテナンス状態を管理

heroku maintenance:on
heroku maintenance
heroku maintenance:off

環境変数を確認、設定する

ホスト名などいった設定値は、ソースに直接書くのではなく、環境変数を使うと便利。

#変数の一覧を取得
heroku config
#変数を指定して取得
heroku config:get {keyName}
#変数を設定
heroku config:set {keyName}={value}
#変数を削除
heroku config:unset {keyName}

ソース内では次のようにENV変数で読み込める。

hostName = ENV['hostname']

アプリケーションを再起動

heroku restart

#Dynoを指定して起動する場合はweb.xxを設定
heroku restart web.1

アドオンを追加

heroku addons:add {addonName} {addodOption}